投資にはお金が必要

お金の借入を行った理由は投資資金のためでした。

少し前にFX投資がありました。「小額から初めて何百万、何千万にもなる」という事が宣伝され鵜呑みにして始めました初期投資額は百万円でした。自分の貯金です。

初日にビギナーズラックで150万儲かりました。心の中でこれは儲かると思いました。翌日150万の損失、3日目60万の損失となりあっという間に元の百万もなくなりました。

150万の利益が出たイメージが強くそこからがいろいろなところからの借入れの始まりでした。

最初は大垣共立銀行で100万のカードローン、プロミスで100万、レイクで80万、名前はわすれましたがあと数社で80万位はかりました。全てFXでなくなりました。

最後はどこの金融機関、消費者金融から借りる事ができなくなってしまいました。インターネットでいろいろな名も聞かないところに申し込みを行いましたが全て駄目でした。しかし、返済はしなければなりません。

最後の手段として親名義の自宅を担保にいれて全ての借入の借換を行い毎月返済しています。

今、振り返ると人間、切羽詰まると何を考えるかわからないと思います。その当時を振り返るとやみ金や臓器売買を真剣に考えていました。

今はこれだけのお金を借りる事はできないとおもいますが、お金を借りる場合は返済計画を考えなければと痛感しました。